中国向けオンラインショップの「越境ECサイト」を作るなら「コアサーバー」!

中国向けオンラインショップの「越境ECサイト」を作るなら「コアサーバー」!
Alejandro Luengo

中国本土からも見る事が出来る(閲覧が可能な)、中国向けオンラインショップの「越境ECサイト(中国越境ECサイト)」を制作して始めるなら「コアサーバー(CORESERVER)」がおすすめです!

スポンサーリンク

中国独自の検閲システムを知っておく

中国本土のメールアドレス「qq.com」や「163.com」にメールが届かない場合の記事にも書いていますが、中国には、金盾(きんじゅん)、もしくはGreat Firewall(グレート・ファイアウォール)と呼ばれる中国独自の検閲システムがあり、中国本土に住む人々は、世界的に著名なサービスやサイトを、利用したり閲覧する事はほとんど出来ないという現状があります。

サイトが中国からシャットアウトされる可能性

上記の中国独自の検閲システム金盾(Great Firewall)」により、サーバーによっては、サーバーそのものが中国本土からシャットアウトされていたり、私自身経験した事もあるのですが、中国から特定のサイトが「ある日突然シャットアウトされてしまうという可能性があります。

ある日突然シャットアウトされた原因については、扱う商品や商材だったのか、今でも具体的な点については分からないのですが、「サイトが中国本土からシャットアウトされる可能性」というものがある事を、予め知っておく事が重要です。

また、このような事態になった場合自分のサイトが中国政府の検閲対象かをチェック出来る無料サービスを利用した結果、「検閲対象ではない場合でも、「実際は中国からそのサイトへ訪問出来ていない」事もあります。
(中国本土にいる知人に試してもらった結果、当時私が携わっていたサイトはこうなっていました)

中国のVPN規制はますます厳しくなっているのが現状

中国本土に住む人々は、例えば「YouTube」ですら見る事が難しいわけですが、こういった中国政府の検閲から逃れるための、中国国内ならではの「VPN接続サービスというものも数多く存在しています。

ですが、残念ながらこの「VPN接続サービスに対する中国側の規制も、どんどん厳しくなっているのが現状のようで、今後はほぼ期待は持てそうにありません

「コアサーバー」に引っ越しして全て解決!

スポンサーリンク

当時私が携わっていた、中国からシャットアウトされたサイトについては、解決策も見付からず諦めていたのですが、ある時サーバーのコストダウンを考え、移転先(移行先)となるサーバーを探していた時期がありました

そして、最終的に移転先(移行先)となったのが「コアサーバー(CORESERVER)」で、コアサーバーに引っ越しした事で、なんと全てが解決してしまい、とても喜んだ記憶があります。

また、扱う商品や商材なども、移転前と全く同じ内容であったため、原因としては定かではないですが、移転前に利用していたサーバー自体に、シャットアウトされた原因があったのかもしれません。

またある日突然シャットアウトされる可能性も?

そのサイトはその後中国本土からシャットアウトされる事もなく順調に「コアサーバー(CORESERVER)」上で動作していますが、何が検閲対象となるかは全く不明であるため、また再度ある日突然シャットアウトされる可能性も、残念ながら常にあるという事は念頭に入れておく必要はあります

コアサーバーのお試し期間を利用してみる

もし現在利用中のサーバー上で自社サイトが中国からアクセス出来ない状況にあり、中国からもアクセス可能なサーバーへの移転を考えている場合、「コアサーバー(CORESERVER)」では30日間無料のお試し登録が出来るため、中国本土からも訪問出来て閲覧が可能となるかどうか事前にチェックする事も可能です!


CORESERVER(コアサーバー)

その他コアサーバーに関するおすすめ記事

コアサーバーで独自ドメインのWordPressブログをすぐに始める!

メルマガ配信で集客・販売促進とおすすめサーバーなど