EMSラベルの「お届け先」の入力方法について

EMSラベルの「お届け先」の入力方法について

2021年1月1日以降海外宛ての荷物に対し「通関電子データ送信」が義務化され、国際郵便マイページサービス上で、必ずEMSラベルの印刷が必要となっており、その「お届け先」の入力方法についてご紹介

[ スポンサーリンク ]

最低限入力・選択が必要な「必須項目」について

EMSラベルの宛先印刷を行う際、以下の項目は最低限入力・選択が必要な「必須項目」となっています。

お名前」「会社名」のいずれか必須
(宛名の性別が不明の場合「敬称」は無しでも可)

国名
住所2
住所3

最低限入力・選択が必要な「必須項目」について

住所(1・2・3)の区切り方が分からない場合は?

[ スポンサーリンク ]

国際郵便マイページサービス上の入力項目である、住所1・住所2・住所3については、各入力例が以下のように記載されています。

住所1(部屋番号、マンション名)
例:#123 Central Apartment

住所2(○番-○号 町名, ○丁目)
例:25-15 M.G.Peterson Ave

住所3(区市町村名)
例:Long Island City

ただ、例えば海外から注文を受けた際お客が入力している住所を「どこで区切れば良いか?分からない場合もよくあります

そんな時に「区切り部分」を簡単に確認出来る方法があるのですが、一般的に英語表記で住所を入力する場合お客は以下の様に「,(カンマ)」で区切って入力する事が多く、それを目安に「住所1・住所2・住所3」へ振り分けて入力すれば、通常は問題なく荷物は届きます

#123 Central Apartment, 25-15 M.G.Peterson Ave, Long Island City

また、各「住所1・住所2・住所3」の入力例では、「建物名・番地など・区市町村名」となっていますが、特に入力例通りに入力する必要は無いため、個々の判断で振り分けて入力すれば(例:建物名と番地・区・市)、通常は全く問題はありません
住所入力の順番は、英語表記の書き方通りである必要があります。

「電話番号」と「メールアドレス」が分かれば「必ず入力」する!

[ スポンサーリンク ]

お届け先の「ご連絡先電話番号」と「メールアドレス」については、特に「必須項目」となっていないのですが、「メールアドレス」を入力しておく事で、荷物を発送した後の「各経過状況に関する通知」が、相手側に自動でメール配信されるため、今「荷物がどんな状態にあるのか?」をすぐに確認する事が出来ます

また、「ご連絡先電話番号」についても、仮にお届け先住所の入力に「不備や漏れ」があった場合配達員が事前に電話連絡を取ってくれる事もあるため、「電話番号」と「メールアドレス」が分かる場合には、「必ず入力」する事をおすすめします。
お届け先の国・地域によっては、配送情報を取得出来ない場合もあり、また、配達員が必ず電話連絡を取ってもらえるかも確実ではありません。

「EMSラベルの作成と印刷する方法」の詳細に関するおすすめ記事

2021年1月1日以降は必須の「EMSラベルの作成と印刷する方法」
海外宛ての荷物に対し、2021年1月1日以降は通関電子データ送信が義務化され、手書きのEMSラベルではなく、ラベルの印刷が必須となるため、国際郵便マイページサービス(無料)を使って「EMSラベルの作成と印刷する方法」についてご紹介。※...

[無料で簡単な越境ECサイトが作れるサービス]


驚くほど簡単にオンラインストアが作れる!【STORES】


無料ネットショップ開業【BASE】


越境EC
[ スポンサーリンク ]
[ スポンサーリンク ]
[関連記事 | 広告など]
はじめてのオンラインショップ作り | MAKE-ECSHOP.WORK