海外へ20万円を超える荷物を送るには、別途手数料と手続が必要です(回避策あり)

海外へ20万円を超える荷物を送るには、別途手数料と手続が必要です

海外国へ向けて通信販売を行う「越境EC」に関わらず郵便局(日本郵便)を利用して、海外へ20万円を超える国際郵便物を出す場合、通常の費用とは別に、高額な手数料と輸出申告に関する手続きが必要となります(回避策あり)。
該当する国際郵便物は、信書のみを内容とするものを除く、外国宛て郵便物です。
外国から20万円を超える郵便局を受け取る場合も、別途手数料と手続きが必要です。

スポンサーリンク

内容品の合計価格が20万円を超える場合

例えば、海外から20万円を超える通販の受注が入り、EMSを利用して荷物を出荷する場合には、通常のインボイスを作成するなどの業務以外に、別途手数料と輸出申告が必要となってきます。
手数料は品目数に関わらず、1件につき2,800円が発生します。

また、このような郵便物は、日本郵便株式会社の通関交換局に搬入された後輸出申告が必要な郵便物として通関保留扱いとなり、一旦同局に保管され、輸出者自身による税関への輸出申告と、税関による必要な審査・検査を経た後税関から輸出許可が出てはじめて外国へ発送される形になります。
郵便局 海外 内容品の合計価格が20万円を超える場合

通関手続の実施については、通関手続の代理・代行の委任をする事で、通関業者に任せる事や、日本郵便株式会社に通関手続の代理・代行を委任する事も可能です。

とりあえず「20万円を超える場合」は面倒

ほとんどの場合「20万円を超える内容品を海外へ送るといった事は無いと思いますが、とりあえず「20万円を超える場合」は面倒で、日数もそれなりに掛かってしまいます

この手数料と手続きを回避する方法

ちなみに、この「20万円を超える場合」とは、「一つの荷物の内容品」を対象としています。

つまり、単体で20万円を超える場合は無理ですが、荷物を小分けにしそれぞれが20万円に収まるよう梱包を行えば、この手数料と手続きを回避する事が出来ます。

但し、一度に全ての荷物を出荷するのではなく、数日毎の間を空けて、1つずつ出す事をおすすめします。
一度に送ってしまうと、一つの荷物とみなされる可能性があります。

内容品が20万円を超える国際郵便物の通関手続 – 日本郵便

■ 内容品が20万円を超える国際郵便物の通関手続 – 日本郵便:
重要なお知らせ - 日本郵便
国際郵便・EMSに関する情報を掲載しています。

[無料で簡単な越境ECサイトが作れるサービス]


驚くほど簡単にオンラインストアが作れる!【STORES】


無料ネットショップ開業【BASE】