メルマガ配信で集客・販売促進とおすすめサーバーなど

メルマガ配信で集客・販売促進とおすすめサーバーなど

オンラインショップ(ECサイト)を運営し、お客に対して新着情報や新作商品の紹介など登録者へ一斉にお知らせが出来るのが「メルマガ(メールマガジン)配信」のメリットです。

お客にとって、とてもお得な情報であれば、メルマガ配信により、すぐに自社ネットショップへ集客が出来るため、とても代表的で効果的な集客・販促方法です。

スポンサーリンク

メルマガ(メールマガジン)配信を行う際の注意点

メールの一斉大量配信はサーバーに高負荷がかかる:
メールを一度に、しかも大量に配信する行為は、一気にサーバー内でプログラムを動作させるため、非常に高い負荷を掛ける事になります。
そのため、ほとんどのレンタルサーバーは、一日に送信出来る数、1時間で送信出来る数などの最大制限値を設けています
最大制限値を超えた場合は一時的に利用出来なくなる:
もし最大制限値を無視し、大量メール配信を続けていると、サーバーから制御を掛けられ、一時的に利用出来なくなります(プログラムのサーバーエラーなどを返す)
配信のやり方やメール内容によっては、迷惑メールやスパム扱いになる:
迷惑メールやスパムメールといった物が増え続けている昨今では、配信のやり方(頻度など)やメール内容によっては、迷惑メールフォルダへ移動させられる頻度が高まったり、最悪スパムメール扱いでブラックリスト化される場合もあります
(ブラックリスト化されると、全てエラーメールが返ってくる事になり、何も届かなくなります)

メルマガ配信を行う場合は、上記の内容をよく理解した上でサーバーに負荷を掛けないよう考慮しながら配信する必要があります

自社でメルマガの大量配信に向いてるおすすめレンタルサーバーは今のところこの2つ

以前、実際にメールの一斉大量配信(1日に多い時は3000前後、1秒で10通程度)に向いているサーバーを探した事があったのですが、ほとんどが最大制限値を超えており、もしその制限の範囲内でメルマガの配信を行う場合、最悪1時間程度ずらしての配信になってしまい、それではメルマガ配信のメリットが無くなってしまうため、頭を抱えていました。

そこで見つけた、まさにメルマガ(メールマガジン)配信向け、もしくはお客とのメールのやり取りが頻繁なネットショップ向けのレンタルサーバーとも言えるサーバーを見付けました。

CORESERVER(コアサーバー):
圧倒的な1日あたりの送受信が行える数:
・CORE-MINI:5,000通/日
・CORE-A:10,000通/日
・CORE-B:40,000通/日
・CORE-C:120,000通/日

上記のように圧倒的な数字になっていて、更にすごいのが、制限が設けられているのは「1日あたりの送受信のみ」となっています

初期費用は無料、月額料金も約 198円 / 月~とリーズナブル:
初期費用は無料で、12ヶ月契約での計算を行った場合、CORE-MINIの月額料金が約 198円(税抜き) / 月~利用出来るのでとてもリーズナブルです
また、無料お試し期間も30日あります
一度にメールを大量配信出来るが、必ず送信頻度は考慮する:
1日あたりの制限以外は特に設けられてはいないものの、CORESERVERはレンタルサーバーであるため、その他のユーザーとも共有している訳で、サーバーに負荷は掛けずに利用をする必要があります
実際に問い合わせも行ったところ、1秒に数通程度に抑えてもらえると助かるといった回答でした
大量に送り過ぎると自社がスパム扱いになる:
1日あたりの制限以外は特に設けられてはいないとは言え、すごい頻度と勢いで大量のメルマガ配信を行っていると、送信先のメールサーバーからスパム扱いされ、最後はブラックリスト化される要因となります
もしブラックリスト化の原因の当事者になった場合、さすがにサーバー側から利用停止処分を受ける事になるので、小分けにして配信するなど、必ず頻度や配信する数への考慮が必要です
ブラックリスト化するとその他のユーザーもブラックリスト扱いになる:
この点がサーバー側から利用停止処分を受ける事になる一番の理由になりますが、CORESERVERは共用サーバーであるため、IPアドレスもその他のユーザーと共有している形になります
そのため、そのIPアドレスがブラックリスト化する事は、その他のユーザーもブラックリスト扱いになるという事になるので、とても注意が必要です
その他:
CORESERVERはとても自由度が高い点も特徴で、通常のウェブサイトを動かすサーバーはそのままで、CORESERVERをメルマガ配信専用のサーバーとして利用するといった事も可能です

CORESERVER(コアサーバー)の詳細を確認する


次にご紹介する「VALUE-SERVER」について、このレンタルサーバーは「CORESERVER」と同じ「GMO系列会社」で、サービス内容はいずれも非常に似ています。

コスト面が「VALUE-SERVER」のほうが低い設定になっている感じです。

VALUE-SERVER(バリューサーバー):
1日あたりの送受信が行える数:
・まるっと:500通/日
・エコ:2,000通/日
・スタンダード:4,000通/日
・ビジネス:20,000通/日

CORESERVERよりもかなり最大制限値は低くなりますが、制限については「1日あたりの送受信」のみで、1日あたりの制限以外は特に設けられていないので、小規模なメルマガ一斉配信に向いています

月額料金も約 133円 / 月~で利用可:
初期費用はまるっとプランのみ無料で、12ヶ月契約での計算を行った場合、まるっとプランの月額料金が約 133円(税抜き) / 月~で利用出来ます
また、エコプラン以降で無料お試し期間が10日あります
その他:
CORESERVER同様共用サーバーであるため、必ずサーバーに負荷は掛けずに利用するよう、頻度や配信する数への考慮が必要です
また、VALUE-SERVERをメルマガ配信専用のサーバーとして利用する事も可能です

VALUE-SERVER(バリューサーバー)の詳細を確認する

スポンサーリンク

メールリレーサービスでメルマガ大量配信

どうしても自前では大量にメルマガ(メールマガジン)配信を行えない場合や、メルマガ配信用のプログラムを用意出来ない場合などにおすすめなのが「メールリレーサービス」です。

メールリレーサービスとは?:
通常送信されるメールは、一旦利用中のメールサーバーを経由し、相手へと送られるのですが、一旦経由する場所を他のSMTPサーバーに中継してもらい、相手へメール送信するというサービスが、メールリレーサービス(Mail Relay Service)となります
メールリレーサービスを利用するメリット:
特にオンラインショップでは、メールの送信頻度が高くなり、例えば携帯キャリアメール、Yahooメール、Gmailなど、色々なサーバーを利用するお客へメール送信を行いますが、受け取る側のサーバーがある日突然、自社が利用中のサーバーIPアドレスに対し評価を落とした場合、迷惑メールフォルダへ振り分けられたり、シャットアウトされる自体さえあります
ですが、一旦メールリレーサービスを経由する事で、送信元のIPアドレスを、自社利用中サーバーのものから変わるようになり、いわゆるメール到達率というものを高く、そして長く維持する事が可能になります

代表的なメールリレーサービス会社

おすすめ出来そうな、代表的なメールリレーサービス会社をご紹介します。

クラウド型のメールリレーサービス ベアメール
クラウド型のメールリレーサービスベアメール

アララ メッセージング ソリューション
アララ メッセージング ソリューション

KDDIの「 G Suite(TM) 」
KDDIの「 G Suite(TM) 」

メルマガ配信機能が備わっているサービスや簡単に導入出来るEC-CUBE

メルマガ配信用のプログラムを用意せずに簡単に導入出来るサービス会社や、メルマガ配信プラグインをインストールする事で簡単導入が可能なEC-CUBEについて。

無料でかんたんネットショップBASE (ベイス):

BASE (ベイス)のBASE Apps機能の一つ「メールマガジン配信App」が無料で使えます
低コストで運営カラーミーショップ:

低コストでも本格ネットショップ運営「カラーミーショップ」メールマガジン発行機能を無料で使えます
無料でも高機能EC-CUBE:
EC-CUBEにメルマガ配信プラグインをインストールする事で簡単導入が可能です
ただ、メルマガ大量配信に唯一向いているCORESERVER(コアサーバー)VALUE-SERVER(バリューサーバー)にEC-CUBEをインストールするには、ある程度の知識が必要になるため、全くの初心者には難しいかもしれません