Windows 10で「Internet Explorer」を使う方法

Windows 10で「Internet Explorer」を使う方法

Windows 10の標準ブラウザとして設定されている「Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)」ではなく、「Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)」を使う方法について、備忘録の意味も込めてご紹介したいと思います。

[ スポンサーリンク ]

「Microsoft Edge」が使い難い点

本来、「Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)」は、Microsoft(マイクロソフト)にとっては最新のインターネットブラウザであるため、そのまま使っていきたいと感じるものですが、特に私が「Microsoft Edge」が使い難いと感じた点が、「Basic認証(ベーシック認証)」に対する「Edge側の機能と設定」です。

例えば、「Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)」や「Google Chrome(グーグル クローム)」であれば、「Basic認証」画面で入力した「ID」と「パスワード」を簡単に記憶させ、次回の入力の手間を省く事が出来ます。

しかし「Microsoft Edge」では、複雑な設定をしなければ「Basic認証入力のIDとパスワードを記憶させる事が出来ないため、非常に使い勝手が悪いです。

「Microsoft Edge」から開く

まずはインターネット閲覧用に「Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)」からブラウザを開きます

そして、以下の手順により、簡単に「Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)」を開く事が出来ます

1. Edgeのブラウザの右上にある、設定ボタン(3つの点が付いている)をクリック。

2. 「Internet Explorer で開く」をクリック。

タスクバーに「Internet Explorer」をピン止めしておく

いつでも「Internet Explorer」を簡単に起動出来るように、パソコンの下部中央に表示される「タスクバー」に、以下の手順ピン止めしておきます。

1. 「Internet Explorer」を開いた状態で、タスクバー内の「Internet Explorer」のアイコンを右クリック。

2. 「タスクバーにピン止めする」をクリック。


[スポンサーリンク]


完全週休2日制!【A8.net】開発/運用エンジニア募集中!!


その他
[ スポンサーリンク ]
はじめてのオンラインショップ作り | MAKE-ECSHOP.WORK