有料で通販ショップを運営するなら「楽天市場」で間違い無し!

有料で通販ショップを運営するなら「楽天市場」

まずは無料のオンラインショップ開業サービスを利用しよう!の記事では、リスク回避や販売したい商品(商材)の反応、また、通販ショップ運営に慣れる練習のためにも無料のサービスをまずおすすめしました。

この段階である程度の手応えを感じられた方ですと、やはり売上アップのためにも、更に踏み込んだ運営を志すかと思います。

そういった方から相談を受ける事もしばしばありますが、まず私がおすすめするのは有料でそれなりに経費も掛ってきますが、間違いなく「楽天市場出店をおすすめしています。

[ スポンサーリンク ]

楽天市場の出店をおすすめする理由

なんと言ってもその利用者の多さと知名度です。ほとんどの方が一度は利用した経験があるのではないでしょうか。

また、楽天市場と言えば楽天ポイント」ですよね!

最近では「楽天ポイント」は街でのショッピングにも使えるお店もかなり増えてきており、オンラインに限らず浸透してきている状態です。

また、オンライン上では「○○倍ポイント」や「○○円クーポン」などのイベントが頻繁に行われており、集客向けプランには困りません

amazonやYahoo!ショッピングではダメなの?

いくつかの有名なアパレル会社から聞いた話なのですが、オンライン上の直営店として楽天市場、amazon、Yahoo!ショッピングにそれぞれ出店しており、各モールでの反応について聞いたところ、全ての会社が「だんとつで楽天市場」と答えました。

特に「amazon」と「Yahoo!ショッピング」に関しては「中には利用するお客もいる」程度で、お客のほとんどは「楽天市場で買い物をする」との回答でした。

小さなお店や零細企業では、そんなに沢山のモール出店など出来る訳もなく、貴重な意見を聞けたと感じています。

もちろん、商品(商材)によっては「amazon」や「Yahoo!ショッピング」の方が適している場合もありますので、あくまでご参考までに。

掛かる経費は広告宣伝費と考える

楽天市場に出店する場合、月額出店料や売上に対するシステム利用料など、毎月割と高めな固定費が発生します。

ですが、実際のところ、オンラインショップへの集客は検索エンジンの上位(1ページか2ページ内)に出なければ、来店には繋がり難いのが現状で、自力で上位に上げるには、時間と知識も必要とされます。

そこで、楽天市場の絶大な集客力を利用するのであれば、安い広告宣伝費となります。

検索エンジンの検索結果上位に出易い

色々な商品(商材)のキーワードで検索した場合、「【楽天市場】○○(キーワード)の通販」といった感じで、楽天市場自体が検索結果上位に出るため、自社楽天市場店への来店機会にも繋がります

海外へ向けての通販も可能

これは楽天市場にしかないすごさではないでしょうか。

楽天市場のサイト自体が多言語多通貨に対応しているため、海外向けの販売を行う場合でも、特に店舗が翻訳などを行わなくてもよい状態になっています

翻訳は自動なので、おかしな翻訳結果になっている部分も見掛けますが、実際に海外向け通販を楽天市場で運営されている方に反応を聞いてみると、商品(商材)によっては中国からの「爆買い」にも繋がっているようです。

「楽天市場」に向かない商品(商材)

楽天市場内にも沢山のお店が既に存在しているのも事実で、ライバルが多く存在する商品(商材)は向いていないと思います。

特に価格を自由に決められる商品(商材)については、価格競争に巻き込まれるため、楽天市場出店の経費に見合わなくなる可能性が高くなるため注意が必要です。

即効性を求めるなら「楽天市場」

最後に、楽天市場の強みはその「集客力」にあります。

なので、すぐにでも販売に繋げたい場合は「楽天市場」が一番かなと思います。

楽天市場出店について詳細を確認する


[有料でネットショップを開ける関連サイト]


お試しは30日間無料【カラーミーショップ】