6/1~米国宛てEMSの再開と、第2地帯宛のEMS料金が一時値上げします

6/1~米国宛てEMSの再開と、第2地帯宛のEMS料金が一時値上げします

2021年6月1日から、長く受付停止となっている、米国(アメリカ合衆国)宛てEMSの再開が予定されており、第2地帯(オセアニア、北中米、中近東、ヨーロッパ)宛のEMS料金については、当分の間特別追加料金」が発生する形となります。

[ スポンサーリンク ]

「特別追加料金」が導入される背景について

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響による航空輸送量の減少に伴い輸送コストが高騰しているため、2021年6月1日(火)から当分の間第2地帯(オセアニア、北中米、中近東、ヨーロッパ)宛のEMS荷物については、当該コストの割増分に相当する「EMS特別追加料金」が導入される事となりました。
(詳細は「国際郵便マイページサービス」トップページで確認出来ます)

国際郵便マイページサービス

米国宛ての国際郵便物を送付する際は「通関電子データの送付」が必要です

2021年1月1日以降は必須の「EMSラベルの作成と印刷する方法」
海外宛ての荷物に対し、2021年1月1日以降は通関電子データ送信が義務化され、手書きのEMSラベルではなく、ラベルの印刷が必須となるため、国際郵便マイページサービス(無料)を使って「EMSラベルの作成と印刷する方法」についてご紹介。※...
[ スポンサーリンク ]

EMSよりも送料が安い「国際eパケット」についての記事

海外へ小さな荷物を発送するなら荷物の追跡も可能な「国際eパケット」!
海外宛ての荷物を送る際、EMSは配達日数も早く、内容品の金額に併せて保険も付けれるため安心ですが、地域によってはそれなりに送料も高くなってしまいます。そこで、比較的小さな荷物が多い場合には、EMSよりも送料が安く、航空便扱いで荷物の...

「現在の国際郵便の運航状況を調べる方法」についての記事

EMSなど現在の国際郵便の運航状況を調べる方法(中国宛てEMSは再開されています)
新型肺炎(新型コロナウイルス)の影響により、荷物引受けが停止となっていたり、出荷が出来たとしても、大幅な配達遅延が発生している国が数多くあります。そこで、EMSなど含む、現在の国際郵便の運航状況をすぐに調べる事が出来るページをご紹介した...

[無料で簡単な越境ECサイトが作れるサービス]


驚くほど簡単にオンラインストアが作れる!【STORES】


無料ネットショップ開業【BASE】


越境EC
[ スポンサーリンク ]
[ スポンサーリンク ]
[関連記事 | 広告など]
はじめてのオンラインショップ作り | MAKE-ECSHOP.WORK