自作のLINEスタンプを作成して販売する方法

自作のLINEスタンプを作成する前の準備とその方法

オンラインショップ運営とは少し異なるジャンルになりますが、自分でLINEスタンプを作成して販売する方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

LINEアカウントがあればすぐに登録が可能

LINEスタンプを作成するにはLINEアカウントがあればすぐに始められます
職業、年齢、プロ、アマチュア、個人/企業を問わず、誰でもLINE Creators Marketに参加して制作をスタートできます。

LINEアカウントの作成

世界中のLINEユーザーがターゲットに

LINEは世界中で利用されているため、海外のLINEユーザーもターゲットになります!

利用方法

❶ クリエイターの登録
必要な情報を入力しクリエイターの登録を行います。

❷ テキスト情報と画像の登録
タイトルや説明文等のテキスト情報を登録します。
必要な画像をアップロードします。

❸ 審査
販売基準を満たしているかどうかの審査をリクエストします。

❹ 販売開始
審査通過後、リリースボタンをクリックするとLINE STOREで販売スタート。
販売価格は複数の価格設定の中から自由に変更できます。

売上の受取り

AppleやGoogleなどの手数料30%を除いた売上の50%が登録の口座に振り込まれます
「LINEスタンプ プレミアム」に参加している場合、「LINEスタンプ プレミアム」の分配率に応じた売上が登録の口座に振り込まれます。
2019年6月26日以降にCreators Studioで審査リクエストしたスタンプは、売上の分配額が0円になります。
ただし、「LINE Creators Studio」をつかって制作していても、すでに販売されているスタンプ、ならびにバージョン2.5以前にリクエストされたスタンプについては、引き続き売上が分配されます。詳しくは以下よりご確認ください。
http://creator-mag.line.me/ja/archives/1074822425.html

スポンサーリンク

LINE Creators Marketに登録

早速LINE Creators Marketに登録してみましょう!

LINE Creators Market
LINE Creators Market

個人向けスタンプ制作にはLINE Creators Studioアプリがおすすめ

販売目的ではなく、自分個人向けのLINEスタンプ制作には「LINE Creators Studioアプリ」がおすすめです。

POINT 01
LINE Creators Studioアプリを使えば、スマートフォンからLINEスタンプが簡単につくれます
(スキャナや画像編集ソフトは不要です。無料でスタンプがつくれます)

POINT 02
撮った写真を加工してスタンプに!Creators Studioアプリで描いたイラストも簡単にスタンプにできます
写真を切り取るのだって簡単。テキストやイラストで伝えたいメッセージをつけよう!

POINT 03
スタンプの審査申請や販売もスマートフォンから対応できます。
作ったラインスタンプを友だちとシェアしたり、LINE STOREやLINEアプリ内のスタンプショップで販売したりしよう!


LINE Creators Studioアプリ

LINE Creators Studioアプリ利用時の注意事項

■ 2019年6月26日以降にCreators Studioで審査リクエストしたスタンプは売上の分配額が0円になります。

■ アプリを利用中にリジェクトされたスタンプは、LINE Creators Marketから再リクエストできます。

■ LINE Creators MarketとLINE Creators Studioに同じLINEアカウントでログインした場合、審査リクエスト済みのスタンプは同期されますが、つくっているスタンプは同期されません。

■ アプリは個人向けになります。事業形態が法人の場合、アプリを使うことはできますが、アカウント編集機能は使えません。

■ 現在アプリは日本語、英語、繫体字中国語、タイ語、インドネシア語のみ対応しております。その他言語は、順次公開予定です。

■ 2019年6月26日以降にCreators Studioで審査リクエストしたスタンプはクリエイター本人に限り無料でダウンロードすることができます。


[オリジナルLINEスタンプの制作を依頼するなら【スタンプファクトリー】]


LINEスタンプを格安で制作します!【スタンプファクトリー】