20年ぶり水準の円安「130円台」に突入の今こそ海外通販を!

20年ぶり水準の円安「130円台」に突入の今こそ海外通販を!

20年ぶり水準の円安130円台」に突入の今こそ、日本の製品(商品)の海外向け通販(越境EC)を始める絶好の時期(チャンス)です!

[ スポンサーリンク ]

円安で「海外への輸出(海外向け通販)」が「お得な理由」について

例えば、1ドルが110円であった場合、海外から日本国内で販売する「5,500円」の製品(商品)を購入する際、ドルベースで「50ドル必要となりますが、1ドルが130円の円安時期であれば「43ドル弱」で購入する事が可能となります。

また、高額品であればある程円安時期での日本国内からの購入がとてもお得となります。

既存の自社通販ショップを「簡単に越境ECサイトに出来る」サービスに関するおすすめ記事

「転送コム」の新しいサービス「Buyee Connect」で簡単海外配送!
「転送コム」の海外ユーザー目線で考えられた新サービス「Buyee Connect」を利用すれば、初期費用・月額費用ともに無料で導入出来、タグ1つで簡単に自社オンラインショップ(ECサイト)を、越境ECサイトに変える事が可能です!「Bu...
[ スポンサーリンク ]

簡単に多言語化出来る「Shopify」に関するおすすめ記事

簡単に多言語化した越境ECショップを始めるなら「Shopify」!
自動で自社通販店を多言語化してくれるという、越境ECビジネス初心者の強い味方だった楽天市場の越境ECサービスである「Rakuten Global Market(楽天グローバルマーケット)」ですが、残念ながら2020年6月29日に当サービ...

無料で簡単に海外向け通販を始めるのにおすすめの記事

「STORES」で簡単に海外向け通販を始める方法
「BASE」で海外向け通販に続き、同じく無料でオンラインショップを開業出来るサービス「STORES(ストアーズ)」を使って、簡単に海外向け通販(越境EC)を始める方法についてご紹介したいと思います。(STORESで海外通販を行う場合の...
「BASE」で簡単に海外向け通販を始める方法
2020年1月21日より、BASE (ベイス)では既存の国内の送料詳細設定機能に加え、新たに海外向けの配送方法の設定も可能となりました。そこで今回は、無料でオンラインショップを開業出来るサービス「BASE (ベイス)」を使って、簡単...
[ スポンサーリンク ]

「東南アジア・台湾向け越境EC」向けのおすすめ記事

「東南アジア・台湾向け越境EC」向けのおすすめサービスのご紹介!
「東南アジア・台湾向け越境EC」向けに最適で、東南アジア・台湾最大級のECモール「Shopee」へ出店出来るおすすめサービス「Shopee Japan (shopee.jp)」のご紹介!「Shopee」とは?「Shopee」は東...

「EMSラベルの作成と印刷する方法」に関する記事

2021年1月1日以降は必須の「EMSラベルの作成と印刷する方法」
海外宛ての荷物に対し、2021年1月1日以降は通関電子データ送信が義務化され、手書きのEMSラベルではなく、ラベルの印刷が必須となるため、国際郵便マイページサービス(無料)を使って「EMSラベルの作成と印刷する方法」についてご紹介。※...