ペイパル導入で話題の「リブラ」が使えるようになるかも?

ペイパルとリブラ

現在アメリカ規制当局の承認待ちで、6月18日にはオフィシャルサイトが公開された、話題の仮想通貨「リブラ(Libra)」。まだテスト版としての公開ですが、2020年前半に本番稼動へ移行することを目指しているようです。

様々なリスクへの懸念や、課題がたくさんある中で、本当に今後リブラが正式運用に移れるのかどうか不透明感はありますが、もし本番稼動する事になれば、ペイパル(PayPal)を導入する事で「リブラ(Libra)」が利用可能になるかもしれません。

■ ペイパルもご紹介している記事・・・海外発行のクレジットカードにも対応出来る決済代行サービス

[ スポンサーリンク ]

ペイパルはリブラ協会創立メンバーの一員

リブラ協会創立メンバー

リブラ(Libra)はFacebook(フェイスブック)主導のもと、リブラ協会という創立メンバーにより運営されます。

上の画像にもあるように、メンバーにはフェイスブックはじめ、現在VISAやeBay、Uberなど28の名だたる企業が参加しており、その中に「ペイパル(PayPal)」も入っています。

ペイパルはデビットカードや銀行口座の登録も可能

ペイパルアカウントにはクレジットカード情報の他、デビットカードや銀行口座情報の登録も可能で、日本では登録銀行口座で支払いを行う事も出来るようになりました。

クレジットカード
ペイパル クレジットカード
デビットカード
国際ブランドがついたデビットカード(Visaデビットなど)
銀行口座
ペイパル 銀行口座

世界で2億5000万人以上がペイパルを利用

ペイパルは世界2億5000万人以上、1800万以上の店舗で利用できる安全な決済サービスです。

これだけ世界中で利用されていて、海外向けのお金のやりとりも、ペイパルアカウントを使うだけで行える事を考えると、決済手段の中の一つに「リブラ(Libra)」が加わる可能性もあるように感じます。
(あくまで個人的な見解です)

PayPal(ペイパル)の詳細を確認する


[ネットショップを開けるおすすめサイト]


驚くほど簡単にオンラインストアが作れる!【STORES.jp】


無料ネットショップ開業【BASE】


無料から始められる高機能なネットショップ作成サービス【easy myShop】


お試しは30日間無料【カラーミーショップ】