必ずウェブサイトを常時SSL化する

ウェブサイトの常時SSL化

世界中でセキュリティに対する意識の向上が求められている中、オンラインショップに限らず、全てのウェブサイトを常時SSL化させる事も「SEO対策の対象とする動きが各検索エンジンでも既に始っています

実際Google(グーグル)が2018年7月に「Google Chrome 68」をリリースした際、Chrome 68上では全ての非SSL(HTTP)サイトに保護されていませんの表示を出す事を発表しており、Googleが常時SSL化に力を入れている事がよく伝わってきます
(参考ページ・・・A secure web is here to stay by Chromium Blog)

スポンサーリンク

ほとんどのレンタルサーバーは無料SSLサーバー証明書に対応

以前はウェブサイトをSSL化させる作業が面倒であったり、多額なコストが発生したりしていましたが、今では「無料SSLサーバー証明書 Let’s Encrypt」というものが世界中で利用されており、ほとんどのレンタルサーバーがこの「Let’s Encrypt」の簡単導入に対応しており、コストを掛ける事無くウェブサイトを常時SSL化出来ます

また、通常SSLサーバー証明書は定期的に更新作業が必要になってくるのですが、簡単導入に対応しているレンタルサーバーは更新も自動で行ってくれるので安心です。

もちろん、まずは無料のオンラインショップ開業サービスを利用しよう!でご紹介の無料サービスも全て常時SSLに対応しています。

有名な有料SSLサーバー証明書でサイトの安心感を表現

SSLサーバー証明書を発行している会社は多種多様存在し、特に有料サービスであればウェブサイトにSSLサイトシール」を貼れるため、どこのSSLサービスを利用しているかを訪問者に伝える事が出来、有名であればあるほどそのウェブサイトの「安心感」を強く表現出来ます。

無料、有料で暗号化の強度に違いはない

無料で使える「Let’s Encrypt」は対応ブラウザが若干限られてしまう(最新版でないと閲覧出来ない)というデメリットはあるのですが、実は無料であれ有料であれ暗号化の強度に違いはありません

そのため、すぐにでもウェブサイトを常時SSL化出来る環境である場合は、すぐに常時SSLの設定を行いましょう

SSL証明書を自分で探して導入する

自社でECサイト作りを行う際などに、自社にあったSSL証明書を導入したい場合や、どうしても自前でSSL証明書を用意しなければならない場合もあります

そんな時におすすめな、SSL証明書の販売を行っているサイトをご紹介します。


格安SSL証明書サービス、SSLボックス

ドメインキーパー(電話でも24時間365日体制でサポート)
ドメインキーパー(電話でも24時間365日体制でサポート)


[無料SSLサーバー証明書 Let’s Encryptを簡単導入出来るレンタルサーバー]


エックスサーバー(XSERVER)


さくらのレンタルサーバ


CORESERVER(コアサーバー)


VALUE-SERVER(バリューサーバー)


スターサーバー